民泊 投資

Airbnb投資…。儲かる人と儲からない人の二極化!その現状の理由とは?

 

日本、とりわけ都内にて最新の「投資先」としていよいよ名の知られるようになったairbnb (エ

アー・ビー・アンド・ビー)。と、思った矢先には既に都内のホスト市場は儲かる人・儲から

ない人の二極化しているという話を聞くようになった。今回この記事ではそんな現状を作り上

げている根源について探ってみる。

 

ご存じのようにairbnbは米サンフランシスコに本社を置くアメリカで始まったウェブサイト

。2008年に創設して以来、順調に成長を遂げ2013年に日本に上陸。とは言え、サイトの浸透性

は英語圏に強みがあることもあり、ユーザーとしての日本人利用者はまだ少ないのが現状であ

る。そんな中いち早くホストとして動いた一握りの人が一部の地域で一人勝ちしていたのはも

はや昨日の話のようだ。それこそ、一昔は空き部屋にベッドを置き、見よう見まねで英語でお

部屋の詳細を記述、手持ちの携帯電話のカメラで何枚か部屋の写真を撮りそれをアップし、翌

日気付いたユーザーからの問い合わせに対してなるべく早く返答、そんな形で採算がかなり取

れていた。

 

国内での知名度上昇、airbnbサイト全体のアップグレード

それではその「やれば当たる」仕組みはなぜ崩壊してしまったのだろうか。要因はお大きく2

つあると言えよう。一つ目は、時間とともにairbnbの知名度も国内で上がり国内ユーザーも順

調に増え、とりわけ「ホスト(宿提供者)投資」として話題となったことで単にホスト数が増

加したことから自然に生じたホスト間の競争の激化であると言えよう。そして二つ目は

、airbnb本元の事業拡大に伴い、ちょっとしたブランディングの転向や検索エンジンを手がけ

るスタッフを米検索エンジン大手・グーグル社より引っ張ってきたりとグレード・アップした

こと。airbnb利用者ならば気付いただろうが、最近のairbnbのサイト内でユーザーが使う物件

検索エンジンにはより高度なアルゴリズムが用いられており、 今始めようとしているairbnbホ

ストにすればSEO(サーチエンジンの最適化)対策なしに検索上位に来ることはより困難になっ

てきている。

 

改善法はあるのか?

もちろん宿泊客に伸び悩んでいる物件には様々な要因が考えられるが、今のairbnbホストとし

てより重要になっていているものの大きな一つにビジュアル面というのがある。それはインテ

リアだったりそれを捉えた写真自体のことである。リストアップに使用される写真の重要性は

元airbnb社員の口からも確認済みである。

 

そこで ー

Airbnb完全代行会社、Febowではそのビジュアル面に着目し、プロのデザイナーによるインテ

リアにプロの写真家による内装撮影でより差別化を図ろうというのであります!

気になる方は、まずお気軽にご相談を。

お問い合わせ
お名前(漢字)
お名前(かな)
電話番号
メール
選択
Message: